野球のバッティングでよく言われたり聞いたりする「トップ」です。

今回はこのバッティングで「トップを作る」という意味と「トップの大切さ」を解説したいと思います。

バッティングのトップについて

下記のバッティングの連続画像は、綺麗なインサイドアウトのスイングです。

③がトップの位置になります。

バッティングのトップとは、スイング始動をする瞬間のグリップと両手の位置を指します。

  1. 構え
  2. ステップで軸足に体重移動
  3. トップ
  4. インサイド
  5. インパクト

⑥~⑦でフォロースルーになります。

③でトップの位置が浅いために、少し改善の余地があります。

前足で壁が作れていますが、トップが浅い分、若干体の開きが早い感じがします。

もう少し深いトップを作れていれば、体の開きも抑えられるバッティングフィームではないでしょうか。

③のトップで、手が長いのでもっと肘を伸ばして、もう少し後ろの方でトップが作れるケースになります。

バッティングのトップ

トップは深く作ることで割れからパワーが生まれる!

バッティングのトップは、深くしっかりと作ります。

タイミングに余裕を持つことも大事です。

トップを作るタイミングが遅れると中途半端なスイングになってしまいます。

トップを深く作ることにより、よりスイングにパワーとスピードが生まれます。

そして、上半身と下半身が一番離れている瞬間を「バッティングの割れ」と言います。

この時に強い回転のパワーが生みだされるんですね。

上記のバッティングフォームでは、トップを深く作る事により「バッティングの割れ」をもっと大きく出来ることが分かりますよね。

下記がプロのバッターの「トップとバッティングの割れ」になりますよ。

トップを深く作れば・・・

  • より大きなパワーとスピードを生み出せる
  • タイミングが取りやすくなる
  • 体の開きが抑えられる

というバッティングのスイングが出来る様になってきますよ。

トップはグリップの位置で、割れは上半身と下半身の関連性になります。

バッティングのトップ

バッティングが最速で上達する方法

プロ野球選手として活躍し、指導経験も豊富な元西武ライオンズの「垣内哲也・大塚光二」のバッティングDVDです。

  • プロ野球選手が直伝してくれる知識・技術・練習・矯正方法!
  • 丁寧で分かりやすい動画なので、バッティングが上達する方法が一目瞭然!
  • プロの確かで間違いがない技術で、バッティング指導も出来る様になる!

物事の最短の上達方法は、何でもプロに聞くのが一番の近道です。

間違った技術でいくら練習を重ねても上達はしません。

バッティングで一番大切な「遠くに強い打球を打つ技術」を教えてくれる人気No.1のバッティングDVDなんですよ ^^ /

7日間スラッガープロジェクト

野球の守備上達の最高のバイブル!

内野守備の全てが分かる「川﨑宗則」の内野守備マスタープロジェクトDVDです。

捕球・スロー・連携と全てにおいてさらにレベルアップできる技術知識と練習方法です。

今よりもさらに早い一歩目の出だし、捕球技術のレベルアップ、捕球からスローイングの速さと正確性で内野守備が上達しない訳がない内容なんですね!

野球守備