今回は読売ジャイアンツの「坂本勇人」のバッティングフォームを見ていきましょう。

WBCの侍ジャパン対キューバ戦でのタイムリーヒットを打ったバッティングになりますよ。

注目すべきポイントは、お手本になる様な綺麗な肘の使い方になりますよ。

坂本勇人のバッティングフォーム

下半身でタイミングと体重移動

まずは、ピッチャーとのタイミングを取りステップをします。

軸足へ体重移動をしてタイミングも取りつつ、トップを形成していきます。

バッティングのトップとは、バットを振りだす両手とグリップの位置になります。

足を着地させて前足に体重移動をして、前足で壁を作りパワーを受け止めます。

この時に「つま先・前のヒザ・前の肩」の開きを抑えます。

つま先とヒザはピッチャーへ向けない様にホームベース側へ向け、肩は早く回転が始める事を抑えてピッチャーに胸を見せない様にします。

ここで体の開きが早くなれば、パワーが体外へ逃げる原因になってしまいます。

下半身のバッティングフォーム

上半身の動作とインサイドアウトのスイング

インサイドアウトのスイングとは、グリップを体の近くから出していきます(インサイド)

グリップが先行して、外側のアウトからヘッドが後からグリップを追いこすスイングになります。

前後へのミートが広がり、最短で強いスイングが出来るためにスイングスピードが上がります。

強いパワーが生み出せるスイングがインサイドアウトです。

そしてインパクトからフォロースルーへとバットを振り切ります。

上半身のバッティングフォーム

スイングのポイント

冒頭で説明した通りに「両肘の使い方」に注目してみましょう。

スイングからインパクトまで、両肩・両肘・手首を結ぶと「五角形」になっている事が分かります。

この五角形を保つことがポイントになりますよ。

両肘が伸びきると肘関節がしなりませんので、力がうまく伝わりません。

ですので、スイングでは両肘を伸ばし切らない事が大切になってきます。

スイングのポイント

バッティングが最速で上達する方法

プロ野球選手として活躍し、指導経験も豊富な元西武ライオンズの「垣内哲也・大塚光二」のバッティングDVDです。

  • プロ野球選手が直伝してくれる知識・技術・練習・矯正方法!
  • 丁寧で分かりやすい動画なので、バッティングが上達する方法が一目瞭然!
  • プロの確かで間違いがない技術で、バッティング指導も出来る様になる!

物事の最短の上達方法は、何でもプロに聞くのが一番の近道です。

間違った技術でいくら練習を重ねても上達はしません。

バッティングで一番大切な「遠くに強い打球を打つ技術」を教えてくれる人気No.1のバッティングDVDなんですよ ^^ /

7日間スラッガープロジェクト

野球の守備上達の最高のバイブル!

内野守備の全てが分かる「川﨑宗則」の内野守備マスタープロジェクトDVDです。

捕球・スロー・連携と全てにおいてさらにレベルアップできる技術知識と練習方法です。

今よりもさらに早い一歩目の出だし、捕球技術のレベルアップ、捕球からスローイングの速さと正確性で内野守備が上達しない訳がない内容なんですね!

野球守備